#

日本のギャンブル産業

日本はギャンブルに対して特殊な考え方を持っている国です。この国は、限られた種類のギャンブルを許可しています。パチンコや麻雀など、国民的娯楽が中心で、競馬の種類によっては賭けをすることもできる。

オンラインカジノのランキング、合法性、ボーナスに関するすべての情報はこちらでご覧いただけます。https://top10casinosguide.com/

現在、日本では最新のカジノゲームのほとんどが禁止されています。逆説的だが、日本人は最もギャンブル好きな国の一つである。合法的なパチンコホールは、空席があることはほとんどない。また、ペットウォークシミュレーターなど、世界では珍しいスロットマシンも日本で普及しています。

金銭を使ったギャンブルは正式には禁止されているが、日本国内では迂回策が広く行われている。例えば、パチンコ店の近くには景品交換所があり、景品と引き換えにおもちゃやおみやげがもらえることが多い。そこでは、プレイヤーは賞金を現金に相当するものに交換することができます。統計によると、年間約1500万人の日本人がパチンコホールに足を運んでいるそうです。

日本におけるギャンブル関連法

日本の刑法は現在、賭博の組織化および参加を犯罪としている。これらの規定は、第 185 条、第 186 条および第 187 条に反映されています。これによって、賭博の主催者は5年以下、参加者は3年以下の懲役となります。ここでは、日本在住の方が利用できる合法的なギャンブルの一覧をご紹介します。

  • パチンコとパチスロです。
  • の抽選を行います。
  • 馬、自転車、車、バイクのレースへの賭け。

カジノ、スポーツベッティング、スロットマシン(パチンコを除く)は当面の間、禁止されたままです。

2016年末、日本の国会でギャンブルを合法化する法案が承認されました。しかし、専門家の予測によると、ライセンスシステムの開発と実施には1年以上かかり、日本のカジノが最初の来客に門戸を開くのは2020年以降になるとのことです。ギャンブルの合法化には、2つの理由があった。

  • 日本は2020年にオリンピックの開催を予定しており、合法的なギャンブル施設の存在は、観光客を誘致するための強力な追加ツールとなるでしょう。
  • 賭博法が忠実なマカオとシンガポールは、この地域で最も人気のある観光地となっています。

このように、ギャンブルの合法化を決定するにあたっては、外国人観光客から追加収入を得るという考え方が当局の指導のもとで行われた。

日本におけるギャンブルのライセンス

現在、民間企業が取得できる免許はパチンコ店の開店許可だけです。前科がなく、マフィアとのつながりもない人が経営する会社でも取得可能です。警察は、ホールをオープンする前に、すべてのスロットマシンが必要な技術的条件を満たしているかどうかをチェックします。以下の施設の周辺には、Patinkoアーケードを設置することはできません。

  • 学校です。
  • 高等教育機関
  • 公共図書館
  • 医療施設、幼稚園
  • 幼稚園

ライセンスの有効期限は特にありませんが、定期的に更新する必要があります。18歳未満の方はホールを見学することはできません。

日本のオンラインカジノ

現在の日本の法律では、オンライン・ギャンブルの法的な定義は確立されていません。また、この分野のギャンブルを管理する規制もありません。リモートギャンブルを提供するサイトのライセンスを取得することはまだ不可能です。

ギャンブルへの参加には罰金がありますが、オンラインカジノのプレイヤーにこの措置が適用されることはほとんどありません。日本で最も人気のあるギャンブルサイトは、レース結果を賭けることに特化した「Netkeiba.com」です。

最も人気のあるオンラインカジノはBitcasino.ioです。ビットコインをメイン通貨とする仮想ギャンブル場は、これが初めてとなります。2位はVerajohn.comのカジノです。

日本で最も人気のあるスロットマシン

パチンコ(パチスロ)は、日本で唯一合法的に利用できるスロットマシンです。ピンボールとクラシックなビデオスロットを掛け合わせたようなゲームです。パチスロで遊ぶ場合、現実のお金で勝つことはできません。パチスロは、数少ない合法的なギャンブル娯楽として、象徴的なゲーム製品から転用されることが多い。ギャンブル場には、『サイレントヒル』などの人気ゲームをモチーフにしたマシンが設置されています。全国には1万軒以上のパチンコホールがある。

オンラインカジノでは、日本人プレイヤーが最も好むスロットマシンです。

  • ゴンゾーズ・クエスト
  • スターバースト
  • ドラゴンキング
  • ビッグ・バッド・ウルフ
  • アロハ! クラスターペイ

Patinkoのエミュレーターもオンラインで入手可能ですが、特に日本人には人気がありません。東洋のボードゲームである麻雀も日本で人気があります。クラップスと対をなすもので、ストリートでプレイされることが多い。正式には禁止されているが、地下には麻雀場が広く存在し、その多くはヤクザが牛耳っている。日本には公式のプロ麻雀リーグもある。

ギャンブルソフト開発会社

コナミというメーカーは、昔から日本で一番大きなメーカーです。2005年、本社をラスベガスに移転。1969年に操業を開始した。オートマトンだけでなく、ビデオゲームも得意とするメーカーです。ダンスシミュレーター「ダンスダンスレボリューション」、ホラーゲーム「サイレントヒル」、コンピューター戦術スパイゲーム「メタルギア」など、多くのベストセラーを生み出した会社である。

コナミブランドで発売されたアーケードゲームでは、以下のような展開が人気です。

  • エンシェント・ドラゴン
  • チャイナ・ショアーズ
  • アフリカン・ダイヤモンド
  • ロッキー
  • チップ・シティ

日本におけるギャンブルの展望

日本のギャンブル産業の展望は有望だ。国際的なギャンブル市場の主要プレーヤーは、すでに日本での事業開始を希望している。アメリカのオペレーター、サンズ社が同国初のギャンブルハウスをオープンさせるという情報がある。同法人の代表であるSheldon Adelson氏によると、このプロジェクトに約100億ドルを投資する予定だという。業界アナリストによると、ギャンブルビジネスは年間約250億米ドルを日本の予算にもたらすという。

カジノホテルは、東京を中心に建設される予定です。菅義偉官房長官が述べたように、賭博場の利益を賭けることはオリンピック期間中だけでなく、オリンピック後も行われている。

日本の現行法では、プレイヤーやオペレーターの自由度はあまり高くありませんが、合法化法が成立すれば、状況は大きく変わるでしょう。